2015年度 作品

a_blt018オリジナル楽

傷跡 ~夢の続き~

よさこい よさこい 嗚呼 今、鳴子をおくよ

ぼろぼろの鳴子 眺めりゃ 
傷ひとつ ひとつに 想い出がある
嬉し涙や 悔し涙や
傷ひとつ ひとつに 想い出がある

途絶えた 僕の声を 君の擦れ声が
繋いだ 心ひとつ 夢の向こう側へ

蝉しぐれ 焦げたアスファルト
夏ひとつ ひとつに 想い出がある
雪灯り 冷えた体育館
冬ひとつ ひとつに 想い出がある

途絶えた 僕の夢を 君へバトン託し
繋いだ 心ひとつ 夢の向こう側へ

よさこい よさこい 嗚呼 今、鳴子をおくよ

零れ落ちる星屑のように いつかは訪れる瞬間
涙はいらない 笑って 笑って旅立たせておくれ

よさこい よさこい 夢は続く
よさこい よさこい 嗚呼 今、君に託す
よさこい よさこい いつかきっと
よさこい よさこい 嗚呼 今、鳴子をおくよ

嗚呼 今、鳴子をおくよ


2015年9月19日

2014年度 作品

a_blt018オリジナル楽

家族の唄 ~あした天気にしておくれ~

「てるてる坊主 てる坊主
  明日てんきにしておくれ」

不意に投げつけた言葉
鳴り響くドアの音
土砂降りの雨の中
僕は 嗚呼 一人ぼっち

家族だからって 分かり合えるのか?!
家族だからって 嗚呼 許し合えるのか?!

涙がぽろり こぼれた時
何も言わずに ただ そばにいてくれた
夢に破れて 落ち込んだ時
何も言わずに そっと 背中押してくれた

いつもそばにいるから 喧嘩もするけど
本当は分かってるんだ あなたの優しさ

「てるてる坊主 てる坊主」

いつもそばにいるから 喧嘩もするけど
本当は分かってるんだ あなたの優しさ

どんなに離れていても
青空は繋がっているんだ
一緒に泣いて 一緒に笑った日々が
僕らを家族にしてくれたんだ

いつもそばにいるから 喧嘩もするけど
本当は分かってるんだ あなたの優しさ

「ありがとう」

2014年6月16日

2013年度 作品

a_blt018オリジナル楽

心ひとつ ~夢の向こう側へ~

<イントロ>

維新よ 維新よ
鳴呼 夢の向こう側へ

<1番>
笑う事を忘れていた僕は
ペシャンコに潰されそうで
窓から見える 茜空
眩しくて 切なくて 泣きたくなる


いつか きっと・・・
いつか きっと・・・
自分に「嘘」つけなくて
諦めきれない この想い
鳴呼 夢の向こう側へ

<2番>
一人だから弱かった
一人だから怖かった
でも、今は一人じゃない
そう、僕は一人じゃない

何の為に生きるのか?
何の為に生れたのか?
僕にはまだ 分からないから
鳴呼 夢の向こう側へ

<3番>
もう駄目だと諦めていた夢は
小さな 小さな 明りを灯す
僕の手の中 夢ひとつ
儚くて 温かくて 泣きたくなる


いつか きっと・・・
いつか きっと・・・
自分の「夢」なぞる度
抑えきれない この想い
鳴呼 夢の向こう側へ


維新よ 維新よ
心ひとつ 夢ひとつ
維新よ 鳴呼 維新よ
心ひとつ 夢ひとつ


鳴呼 夢の向こう側へ
 
鳴呼 夢の向こう側へ

img_n031MC口上

維新心ひとつ!
ここ○○(←会場によって変わる)の空の下
お天道様を背にしょって
百花繚乱熱く鮮やかに
咲き乱れろ 維新の魂

月にむらくも花に風
人生、時には吹き荒れる嵐に翻弄されることも・・・
でも、そんな時、周りを見渡せば仲間の笑顔
そして、自分の胸に灯る炎を照らし
いざっ、夢の向こう側へ~っ

2014年6月16日